2018年09月08日

復旧 & 『そら6歳のお誕生日おめでとう!』

 胆振東部地震から3日目の朝、新聞が時間通りに来たので、電気が復旧になったのかなと思い、まったく繋がらなかった携帯の電源を入れるとようやっと繋がったので、下げていたブレーカーを上げてみると電気が復旧していました。
 携帯電話は、おとといの14時ころから不通になり、停電で家電も使えず、携帯も繋がらず、ネットも観れず防災グッズの中から、見つけた小さなラジオからの情報だけがたよりとなりました。


A7E307A8-D3CA-4CD8-A17D-30CA7FDC2A6D.jpeg


 単三電池で動くこのラジオ、燃費も良く三日間、電池交換をせずにずっと聴いていました。
ネットラジオはネットが繋がらないと聞けない。震災すると、デジタルは弱いよね。
この時代ですが、アナログラジオは絶対に必要です。

 あと、IHの我が家は、カセットコンロに助けてもらいました。たまたま買い置きがあったので、ご飯や、惣菜、鍋、お弁当と大活躍のカセットコンロ。今日はボンベの買い置きを購入してきました。まだ余震もあるのであった方が安心かなと思い購入してきました。

 有難いことに、お水が大丈夫だったので、ホントに助かりました。もしもの時に使えるお水のポリ(軽いビニールの物)を何個か持っていますが、給水場は我が家からは遠い場所ばかり。節水したとしても何度も行かないとならず、お水って本当に有難い存在です。

 6日から、今日の昼まで外出せず、冷蔵庫にあるのものや、たまたま5日に作ったパンを食べ、買い置きの飲料で約3日を乗り切りました。でも、それも今日まで。明日以降はボンベの在庫も無くなるし、カップラーメンを食べるお湯も沸かせなくなるよね。
 今日、復旧してよかった。早速たまっていた洗濯をして、家中掃除をして、当たり前の生活が出来ることの有り難みを感じています。

 買い物に出かけると、復旧したばかりなので、お肉や、お魚は販売していないし、被災するって復旧しても、すぐに元には戻らないと痛感しました。

テレビで、いくら災害の避難所を教えてくれても、観れないとわからない。ネットも見れないと情報がわからない。またデマの情報もあったりする。新聞は大きなことだけで、もっと知りたい給水所や、携帯の充電場所や、いつ頃、電気の復旧するかなど、もっと地元の身近な事を載せてほしいとつくづく思いました。

 たよりになったのは、留守の家族でもなく、遠くに居る息子でもなく、アナログのラジオだけ。
地震の多い日本。いつ被災者になるかわからないよね。とても勉強になり、あたらめて防災グッズの大事さがわかりました。
備えあれば…ですね。特に函館市内では最後の最後に電気がついた我が家は特にです。

 さて、そんな地震の時でも、我が家の愛猫、そらとうみには癒してもらいました。
家屋があって良かった。車の避難は想像以上に大変だと思うので。


F2018806-3F1B-456A-9AFA-CAA8EE0C6302.jpeg


 飼い主が電気もないので、ぐうたらしている時に、ずっとそばにいてくれた2匹。肉球をモミモミ(笑)とても癒されました。


D337F909-932D-4633-A9A5-00CAA4A19CC6.jpeg


 いつも一緒に寝るのに、地震の時はリビングに居た二匹。彼女達も、驚いて丸まっていました。そして、今日はそらの6歳のお誕生日です。そら6歳おめでとう。


 そして、電気がないだけでこれだけ混乱する日常の生活です。まだまだ被災している方が多い北海道。早い復旧を心から望みます。
 
posted by MOON at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]